身体障害者に対する運賃
   身体障害者及びその介護者に対する運賃の割引は、次に定めるところによる。

ロ・第2種身体障害者とは、次に揚げる障害の等級範囲に属する者をいう。
  (イ)視覚障害・・・4級の2,5級及び6級
  (ロ)聴覚または平衡機能障害
      1)聴覚障害・・・4級及び6級
      2)平衡機能障害・・・3級及び5級
  (ハ)音声機能・言語機能又はそしゃく機能障害・・・3級及び4級
  (ニ)肢体不自由
       ・上肢・・・2級の3,2級の4及び3級から6級
       ・下肢・・・3級の2,3級の3及び4級から6級
       ・体幹・・・5級
       ・乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害
          1)上肢機能・・・3級から6級
          2)移動機能・・・4級から6級
  (ホ)膀胱または直腸の機能障害・・・4級

(注)上記の障害の種別及び等級は、身体障害者福祉法施行規則別表第5号による。

運賃割引の重複適用
  運賃の割引で二つ以上の割引条件に該当する場合は、身体障害者および知的障害者および
  精神障害者に対する定期旅客運賃の割引を除いて、重複して適用しない。


@適用方法
  身体障害者福祉法第15条第4項の身体障害者手帳の交付を受けている者に適用し、
  これを次に揚げる第1種身体障害者及び第2種身体障害者に分ける。

イ・第1種身体障害者とは、次に揚げる障害の等級の範囲属する者をいう。

(イ)視覚障害・・・1級から3級及び4級の1
(ロ)聴覚障害・・・2級及び3級
(ハ)肢体不自由
    ・上肢・・・1級、2級の1及び2級の2
    ・下肢・・・1級、2級及び3級の1
    ・体幹・・・1級から3級
    ・乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害
        1)上肢機能・・・1級及び2級
        2)移動機能・・・1級から3級
(ニ)心臓・腎臓もしくは呼吸器または膀胱もしくは直腸もしくは小腸もしくはヒト免疫不全
   ウイルスによる免疫の機能の障害
   1)心臓、腎臓もしくは呼吸器または小腸の機能障害・・・1級、3級及び4級
   2)膀胱または直腸の機能障害              ・・・1級及び3級
   3)ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能障害   ・・・1級から4級
(ホ)全各号の障害の種類を2つ以上有し、その障害の総合の程度が全各号の等級に準ずるもの

A適用条件
     この割引の適用にあたっての条件は、次のとおりとする。

イ・身体障害者手帳の提示をする。
ロ・介護者については、身体障害者1名について当社いおいて介護能力があると認めた
  介護者1名が、当該身体障害者と同一の乗船区間・乗船等級等いより旅行する場合に
  限る。

B割引の内容
   割引の内容は次のとおりとする。
  (イ)・身体障害者及び第1種身体障害者の介護者の2等旅客運賃については
      5割引とする。