@適用方法
  昭和48年9月27日厚生労働省第156号厚生事務次官通知「療育手帳制度について」に規定する
  療育手帳の交付を受けている者に適用し、これを次に揚げる第1種知的障害者及び第2種知的
  障害者に分ける。

 イ・第1種知的障害者とは、昭和48年9月27日厚生労働省児童家庭局長通知「療育手帳の実施
   について」に規定する障害の程度が重度の者をいい、療育手帳の判定欄の記述が「A」の者。

 ロ・第2種知的障害者とは、知的障害者であって、上記イ以外の者をいう。
   (療育手帳の判定欄の記述が「B」の者)

A適用条件
  この割引の適用に当たっての条件は、次のとおりとする。

 イ・療育手帳の提示をする。

 ロ・介護者については、知的障害者1名について当社において介護能力があると認めた介護者1名が
   当該知的障害者と同一の乗船区間、乗船等級等により旅行する場合に限る。

B割引の内容
 知的障害者及び第1種知的障害者の介護者の2等旅客運賃については5割引とする。

知的障害者に対する運賃

運賃割引の重複適用
  運賃の割引で二つ以上の割引条件に該当する場合は、身体障害者および知的障害者および
  精神障害者に対する定期旅客運賃の割引を除いて、重複して適用しない。